田七人参と高麗人参の違い

田七人参は、別名「不換金」とも言われ、
お金に換えられないほどの
価値があるということで、
中国で古くからお茶や漢方薬に
使われて来た人参の一種です。

漢方でよく使われる人参といえば、
高麗人参(朝鮮人参)ですね。
日本においては、田七人参は
まだ知名度が低い部分もありますが、
最近、サプリメントとしての
人気が急上昇しています。

その人気の理由は、「高麗人参との違い」です。
今回は田七人参と高麗人参の違いについて解説しましょう。
高麗人参との違いは2点あります。

まず1点目は、副作用です。
高麗人参には稀に血圧が上昇する副作用事例があり、
高血圧の方には禁忌となっています。

しかし、サプリメントの田七人参の場合は、
稀に発疹、動悸、不眠、口渇といった
副作用は出ることはありますが、
目立った大きな副作用は報告されていません。
ですから安心して使用できます。

そして2点目は成分です。
何よりも重要なポイントは、田七人参と高麗人参は
主な有効成分であるサポニン含有量が違うのです。
なんと、田七人参は高麗人参の4倍以上のサポニン、
そして2倍の鉄を含有しているのです。

また、サポニン配糖体ジンセノサイド以外にも
他にもたくさんの栄養素や健康に
良い成分が豊富に含まれています。

その成分とは、
フラボノイド、デンシチン、田七ケトン、
有機ゲルマニウム、植物性ステロール、
アミノ酸(アルギニン)、
ビタミン(ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンK、葉酸)
天然ミネラル
(亜鉛、リン、鉄、カルシウム、ナトリウム、
カリウム、マンガン、銅、マグネシウム)
などがあります。

このように健康、美容に欠かせない
アミノ酸、ビタミン、ミネラルが
豊富に含まれており、副作用が少ないということで
田七人参の人気が上昇しているのです。

世界でわずかな場所でしか作れない田七人参の中でも、
無農薬で育てた極小の田七人参を使ったサプリメントが
白井田七(しらいでんしち)です。

白井田七(しらいでんしち)は、さらに
全額返金保障もついています

詳しくは、こちら公式通販サイトをどうぞ
>>>血糖値が高い方!肝臓でお悩みの方!貧血でお悩みの方!必見!! 白井田七(しらいでんしち) 新規商品購入
白井田七