田七人参 副作用

田七人参の副作用についてです。

通常の化学合成された薬は、
効き目や品質にバラつきがなく、
即効性が高いなど、優れた効果を持っています。

しかし、高血圧予防の薬を飲めば、
逆に血が足りなくなってふらつきなどが起きたり、
便秘の薬を飲めば腹痛や下痢などの症状が現れるなど、
高い効果に対して、副作用がつきものとなっています。

しかし、田七人参は医薬品の扱いを受けていますが、
化学合成された成分を一切
使用していない漢方薬となっています。

漢方薬というのは、自然界の植物や鉱物などから
採取した生薬を組み合わせたもので、
生薬同士の相乗効果により、
さまざまな効果を発揮します。

化学合成された薬に比べ、即効性はありませんが、
穏やかに効果を発揮していくので、
副作用の心配があまりありません。

しかし、田七人参を服用した際、
一時的に症状が悪化することがあります。

それは「瞑眩」と呼ばれる症状で、
それまで身体に溜まっていた毒素などを
一気に排出するために起こる症状で、
副作用というよりは浄化作用といえます。

瞑眩は長期的に続くものではなく、
長くても2週間程度で落ち着きます。

世界でわずかな場所でしか作れない田七人参の中でも、
無農薬で育てた極小の田七人参を使ったサプリメントが
白井田七(しらいでんしち)です。

白井田七(しらいでんしち)は、さらに
全額返金保障もついています

詳しくは、こちら公式通販サイトをどうぞ
>>>血糖値が高い方!肝臓でお悩みの方!貧血でお悩みの方!必見!! 白井田七(しらいでんしち) 新規商品購入
白井田七