白井田七が痛風にも効果がある理由

糖尿病やコレステロールが気になる人に人気のサプリ「白井田七(しらいでんしち)」ですが、痛風の改善にもおすすめなんですよ。

そこで、白井田七がどうして痛風にも効果が期待できるのか、ご紹介していきたいと思います。

ではさっそく、どうして白井田七が痛風に良いのかというと、田七人参を配合しているからなんです。

田七人参とは、抗炎症作用、血液をサラサラにする効果でコレステロール値の改善、糖尿病の改善などの効果が期待できる人参です。

こんな効果があるのはどうしてかというと、その秘密は「サポニン」の働きによるものなのです。

痛風は尿酸値が上がることで発症しますが、尿酸値はもともとプリン体という物質が変化したものです。

暴飲暴食でたまったプリン体が尿酸に変化し、それが関節に蓄積することで痛風が発症します。

そこで、白井田七に含まれるサポニンがおすすめなんです。

サポニンは、血液サラサラ効果で老廃物を排出しやすくしてくれるので、痛風の改善に効果的なのです。

例えば高麗人参にもサポニンが含まれていますが、田七人参はそれよりももっと豊富に含まれていますし、普通の田七人参や完全無農薬・有機栽培を実現し、認証もとっている生産者こだわりの高品質なサプリ、それが白井田七なので、安心して飲み続けることができるのもメリットですよ。
関連記事→白井田七(しらいでんしち)の抗酸化作用
痛風に悩んでいるけれど、なかなか薬では改善しない、食生活の改善が辛いという方は、公式サイトをチェックしたり、一度気軽に問い合わせしてみましょう。

電話の担当者さんも丁寧な対応をしてくれるのでおすすめですよ!→血液サラサラ、世界が認めた白井田七